【総まとめ】あなたも妊娠体質になる栄養と順番

検索からいきなりこのページへ飛んできた方へ--トップページも是非ご覧ください。

これまで色々書いてきましたが、総まとめとして、食事の注意点と、必要な栄養素をまとめてみました。

あなたが妊娠体質に変わるのに大事になるのは以下の4点でしたね。

1)腸内環境の正常化
2)タンパク質とコレステロールの十分な摂取
3)ビタミン・ミネラルの十分な摂取
4)糖質の制限


これを1つずつ見ていくと、

1)腸内環境の正常化


腸内環境が整ってなければ、大事なタンパク質の吸収も妨げられてしまいますし、鉄分などの吸収も阻害されます。

さらに、腸の内壁が正常でないと(いわゆるリーキーガット)、不必要な栄養素(例えば未消化のタンパク質や毒素など)もカラダに取り込まれやすくなり、その処理に肝臓や免疫系が使われ、女性ホルモンのサイクルのバランスを崩す原因の一つにもなり得ます。

腸内環境を整えるためには、

      1,乳酸菌などの発酵食品を十分にとること
      2,食物繊維を適度にとること
がまず大事です。

乳酸菌は、1日に30~50億個は必要だと言われています。
(プレーンヨーグルトなら300~500g、スーパーに売ってる大きい入れ物のヨーグルト1つを毎日食べる位の量です。)

ヨーグルトだけでとるのは大変なので、サプリ等を上手く組み合わせてとりましょうね。

2)タンパク質とコレステロールの十分な摂取


肉と魚と卵をバランスよく食べることが大事です。

手のひらに乗る量を基準にして、

手のひら4枚分を1日で取るのが基本です。nikutenohira
※手のひら1枚で、体重50Kgの女性であれば、
 ・卵2つ
 ・肉100g
 ・魚80g
 ・豆腐1丁
位になります。
(手ばかり栄養法)
※例:肉100g+卵2個+豆腐一丁+魚80gを1日で。

3)ビタミン・ミネラルの十分な摂取


ビタミン・ミネラルは、全ての栄養が過不足無く取れているのがとっても大事!

その中でも特に鉄が大事です。

そのために、

ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ヘム鉄
亜鉛

など、食事のみでは取りきれない栄養をサプリで摂ることが大事です。

4)糖質の制限


糖質を摂り過ぎている人は、積極的に減らしましょう。
(なくしてはダメ!減らすだけ)

一食でご飯なら小さな茶碗1杯分(100g位)が目安です。

さらに、糖質は食事の後半に取るようにすることも大事です。
(いきなりご飯から食べない。そうすることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。)

まずは1)の腸内環境から!


上に書いた2)~4)も、1)の腸内環境が整ってなかったら、一生懸命やっても効果は半減します。

ですから、

「腸内環境が悪いかも?」
「便秘がある」

そんな人は、まずはこの1)をしっかりやることをオススメします。

その上で、2)~4)に取り組み事で、効果的にあなたを妊娠体質に変えていくことが出来ますよ。


30代後半からの絶対にとりたい妊活サプリランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ