ビタミンB群

検索からいきなりこのページへ飛んできた方へ--トップページも是非ご覧ください。

ビタミンB群には、

B1(チアミン)
B2(リボフラビン)
B3(ナイアシン・ナイアシンアミド)
B5(パントテン酸)
B6(ピリドキシン)
B12(コバラミン)
葉酸
パントテン酸
ビオチン

などがあります。

これらはそれぞれ様々な働きがありますが、

ビタミンB群は補酵素とも呼ばれ、

主に、炭水化物や脂質・タンパク質の代謝や、細胞の新陳代謝に無くてはならない栄養素です。

単独でも作用しますが、ビタミンB群としてお互いに協力しあって働くのでビタミンB群としてまとめてとる事が有効です。

それぞれの働きを解説していくと、

ビタミンB1


炭水化物からエネルギーを作り出すのに必要な栄養素で、

糖質を栄養源として使っている脳神経系の正常な働きに必要不可欠な成分です。

ビタミンB2


細胞に酸素を供給したり、

炭水化物、脂肪、タンパク質を体内でエネルギーにしたり、

皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になりますから、妊娠初期には特に必須のビタミンです。

ビタミンB3(ナイアシン・ナイアシンアミド)


血液の循環を良くしたり、

血中のコレステロールや中性脂肪脂肪を正常に保ち、

細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助し、

神経や皮膚や粘膜の細胞の働きを正常にし、

タンパク質を作り出すなどの働きがあります。

>>次に必要な栄養素:ビタミンD

サブコンテンツ

このページの先頭へ